入試・入学案内

Admissions

10月AO入試概要 応用生物学部

ポイント

ネット割

面接重視のAO入試

・高等学校長の推薦書不要
・エントリー(第一次選考)なし
・インターネット出願OK


募集人員

学部 学科 募集人員
応用生物学部 応用生物学科 5名

日程

学部 出願期間 試験日 合格発表日 入学手続締切日
応用生物学部 9月16日(火)
~9月22日(月)[消印有効]
10月19日(日)
八王子キャンパス
11月7日(金) 12月9日(火)


応用生物学部が求める人物像

生物が持つ機能や仕組みをよく理解して、その知識を技術として応用し、人に役立つものを実現させる応用生物学部の目標をよく理解し、意欲的に勉学・研究に取り組む人を求めます。


出願資格

本学応用生物学部を第一志望とし、「応用生物学部の求める人物像」にふさわしいと自ら考える者で、次のいずれかに該当する者

  • 高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び2015年3月卒業見込みの者
  • 通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び2015年3月修了見込みの者
  • 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び2015年3月31日までにこれに該当する見込みの者

入学検定料

インターネット出願 30,000円
[紙の出願票]による出願 33,000円


試験場

10月19日(日) 八王子キャンパス


選抜方法

書類審査及び面接試験(講義と面接)の結果を総合して選抜します。


面接試験

面接試験は、講義と面接で評価をします。志願学部ごとに45分間の講義を行い、講義終了後、ノートを整理する時間(15分)を 設けます。面接は、講義内容についての質問を含みます。

学部 講義テーマ 講義内容
応用生物学部 「生命科学の話」 応用生物学部では、最先端のバイオテクノロジーを駆使することによって、医療や環境、エネルギーなどにおける様々な問題を解決し、生活の質の向上と技術の発展に貢献することをめざしている。このためには、まず基盤となる生命の仕組みを十分に理解することが極めて重要である。この講義では、生命現象にかかわる様々な事柄について解説する。

<評価の基準>
・講義内容を理解する基礎学力はあるか。
・講義のポイントをとらえることができ、要約することができるか。
・講義内容をノートにまとめることができるか。
・講義内容の質問に対して、受け答えができるか。
※講義中は、筆記用具(黒鉛筆、シャープペンシル、消しゴム)のみ机上に出すことを許可します。ノートは、大学で用意する所定の用紙を配付します。
講義内容についての質問は受け付けません。


出願方法

出願方法は、[インターネット出願]と[紙の出願票]による出願の2通りあります。いずれかの方法を選んで出願してください。インターネット出願すると、入学検定料が割引されます。


応用生物学部10月AO入試の流れ

2014年9月16日(火)~9月22日(月)[消印有効]
出願書類の提出
インターネット出願 [紙の出願票]による出願
本学WEBサイトからインターネット出願サイトへアクセスしてください。

インターネット出願

※インターネット出願の方法例はこちら
10月AO入試出願書類ダウンロードページより出願書類(「出願票」「出願票の記入例」「宛名ラベル」)(PDF形式)を印刷して、出願票をご記入ください。
[出願書類]
(1)インターネット出願確認票(大学提出用)
(2)出身学校の調査書

(1)(2)を揃え、市販の角2(A4サイズが折らずに入るサイズ)封筒に封入し、宛名面には必要事項を記入した「宛名ラベル」を貼付し、必ず「簡易書留・速達」で出願期間内(締切日消印有効)に郵送してください。
[出願書類]
(1)出願票(A票)
(2)出身学校の調査書

(1)(2)を揃え、市販の角2(A4サイズが折らずに入るサイズ)封筒に封入し、宛名面には必要事項を記入した「宛名ラベル」を貼付し、必ず「簡易書留・速達」で出願期間内(締切日消印有効)に郵送してください。

2014年10月19日(日)
面接試験の実施
[試験] 面接試験を実施します。
試験場: 10月19日(日) 八王子キャンパス
[面接の流れ]

2015年11月7日(金)
合格発表
選考結果通知は、この日に本学から簡易書留・速達郵便で発送します。

2014年12月9日(火)
入学手続締切日