メディア学部

School of Media Science 八王子

REC.010 chapter.2「アーティストとファンの関係」

2012年11月27日開催

season1

REC.010 chapter.2
アーティストとファンの関係

―講義で見せていただいたサカナクションのPVですが、「あれ見た?」って誰かに言いたくなります。こういった感動が口コミで広がり、CDやコンサートへと繋がっていくのでしょうね。

野村:やっぱりPVの一番の使命は、アーティストを知ってもらう、好きになってもらうことです。一曲一曲の楽曲、一本一本のコンサートが売れる売れないそのものよりも、まず好きになってもらう。好きになればCDも買うだろうし、一個一個の“点”で捉えるんじゃなくて、アーティストという面で捉えて、アーティスト自身にどう興味をもってもらうか、トータルのクリエイティブがどう評価されていくのかが大事なんじゃないかと僕は捉えています。

―アーティストとファンの関係、それは変わらないものですね。

野村人と人とのつながりなので、当然音楽というものが主役ではあるのですが、音楽だけじゃない要素も、ものすごく大きい。人が人に惹かれるファクターはいろいろあると思いますが、最終的には人間的な魅力だと思うんですよ。
自分自身も音楽を聞く時に、ただ楽曲だけを聴く場面と、アーティストの人間性に興味をもって聴く場面とがあって、人間に持つ興味ってすごく大きいし、深みも違いますよね。だからそのアーティストを好きになれば、例え自分の好みではない曲を作っても、ちょっと受け入れちゃうところもあったりして。そういう関係性も大事ですよね。

 

chapter.2 アーティストとファンの関係

野村達矢さん

REC.010 野村達矢さん
株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション 取締役執行役員
有限会社ロングフェロー 代表取締役社長
一般社団法人日本音楽制作者連盟 理事