メディア学部

School of Media Science 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> メディア学部> A.C.P.C.寄付講座ゲスト講師インタビュー> REC.001 土屋敏男さん(日本テレビ放送網株式会社 日テレラボ シニアクリエーター)

REC.001 土屋敏男さん(日本テレビ放送網株式会社 日テレラボ シニアクリエーター)

2016年10月11日開催

season 5


講義テーマ:テレビは本当にオワコンなのか?

 一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(A.C.P.C)が寄附講座として東京工科大学メディア学部で行っている「メディア特別講義Ⅱライブ・エンタテインメント論」(2016年9月〜2017年1月まで全15講座)がスタートしました。
ゲストに日本のエンタテインメント業界のトップランナーを招いた講義は、今回でちょうど10年目の節目を迎え、この講義で学び、すでに業界で活躍している卒業生もいます。次に続く学生たちも積極的にゲスト講師への質問をするなど、活気のある講義となっています。

主な講義内容

      1. テレビは本当に見られなくなっているのか?
      2. 世界はプラット・フォームの時代からコンテンツの時代へ
      3. メディア企業は「どう生き残るのか?」
      4. コンテンツ環境のこれから

土屋敏男さん


REC.001 土屋敏男さん
日本テレビ放送網株式会社 日テレラボ シニアクリエーター


REC.001 土屋敏男さん
日本テレビ放送網株式会社 日テレラボ シニアクリエーター

1956年9月30日静岡県静岡市生まれ。79年3月一橋大学社会学部卒。同年4月、日本テレビ放送網入社。主にバラエティー番組の演出・プロデューサーを担当。「進め!電波少年」ではTプロデューサー・T部長として出演し話題になる。この他の演出・プロデュース番組は、「天才たけしの元気が出るテレビ」「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」「雷波少年」「ウッチャンナンチャンのウリナリ!」「CS電波少年的放送局」「第2日本テレビ」「間寛平アースマラソン」「岡本太郎『明日の神話』修復プロジェクト」「NHK×日テレ60番勝負」など多数。