東京工科大学 HOME> 軽部学長のきらっとひらめきコラム一覧

軽部学長のきらっとひらめきコラム

軽部学長のきらっとひらめきコラム一覧

2016年11月11日
[2016年度]第7回 大きく変化する時代における大学の存在意義
2016年10月7日
[2016年度]第6回コース制と学科制の違いについて
2016年9月9日
[2016年度]第5回「教育力の強化」に向けた取り組み
2016年8月5日
[2016年度]第4回 卒業までに身につけてほしい6つの力「ラーニング・アウトカムズ」
2016年7月8日
[2016年度]第3回 教養学環について② ― 東京工科大学の「教養スタンダード」
2016年6月10日
[2016年度]第2回「教養学環について① ―「教養」とはなにか」
2016年5月13日
[2016年度]第1回「東京工科大学の理念と「実学主義(イズム)」
2016年3月11日
[2015年度]第11回「東京工科大学の掲げる3つのポリシーと“実学主義”」
2016年2月12日
[2015年度]第10回「東京工科大学のBest Care(2)」
2016年1月8日
[2015年度]第9回「東京工科大学のBest Care(1)」
2015年12月11日
[2015年度]第8回「入試シーズンの到来直前!今、受験生がすべきこととは?」
2015年11月13日
[2015年度]第7回「来年度から始まる応用生物学部の新コース体制について」
2015年10月9日
[2015年度]第6回「平成27年度『大学教育再生加速プログラム(AP)』に採択された工学部のコーオプ教育プログラム」
2015年9月11日
[2015年度]第5回「東京工科大学が目指すもの―グローバルとローカル、両方の視点を持つ"グローカル大学"へ」
2015年8月7日
[2015年度]第4回「あと10年でなくなる仕事②―これから大学で学ぶべきこととは?」
2015年7月10日
[2015年度]第3回「あと10年でなくなる仕事①―オックスフォード大学オズボーン准教授の話」
2015年6月12日
[2015年度]第2回「東京工科大学が掲げる今年度の目標―退学者を減らすためのチャレンジ」
2015年5月8日
[2015年度]第1回「東京工科大学が掲げる今年度の目標―“ラーニングアウトカム”の具現化に着手」
2015年3月13日
[2014年度]第11回「大学は自分の専門を見つけるところ。自分の興味や夢をしっかり持って未来を切り拓こう!」
2015年2月13日
[2014年度]第10回「これからの日本は、女性の力が不可欠!―女性が活躍する大学を目指して」
2015年1月9日
[2014年度]第9回「時事問題に関心を持つことで、自分の視野を広げよう!」
2014年12月12日
[2014年度]第8回「情報あふれる現代社会で正しい情報を取捨選択するには、“critical thinking”が欠かせない!」
2014年11月14日
[2014年度]第7回「来年度の一般入試から3教科3科目入試がスタート。その背景にあるものとは?」
2014年10月10日
[2014年度]第6回「“Evolution”し続ける東京工科大学の新たな取り組み」
2014年9月12日
[2014年度]第5回「海外におけるサステイナビリティの教育―コロンビア大学のゲームプログラムが面白い!」
2014年8月6日
[2014年度]第4回「工学部を特徴づける学びの3本柱 ―サスティナブルな専門性・実践力・国際性を身につける特色ある学び」
2014年7月11日
[2014年度]第3回「私たちの身近にあるサステイナブル技術 ―環境負荷が少なく、進化する技術を求める時代へ」
2014年6月13日
[2014年度]第2回「新設の工学部が掲げる“サステイナブル工学”は、持続的に発展する社会を支える新しい技術」
2014年5月9日
[2014年度]第1回「東京工科大学が求める入学者とは?―アドミッション・ポリシーについて」
2014年3月14日
[2013年度]第11回「大学で学ぶ意義とは何か?夢を叶えるための、知識・技術・人間的成長について。」
2014年2月14日
[2013年度]第10回「体調管理の極意を伝授!健康維持の3原則を守って、万全の体調で受験に挑もう。」
2014年1月6日
[2013年度]第9回「大学受験はあくまでも通過点。その先にある夢や目標について考えてみること。」
2013年12月13日
[2013年度]第8回「限りある時間で成果を出すには“戦略”が大切。時間も脳も効率的に使おう!」
2013年11月8日
[2013年度]第7回「医療保健学部の“改革”。看護学科の定員増および、臨床検査学科の新設へ。」
2013年10月11日
[2013年度]第6回「聞くだけの授業はもう卒業!<ACTIVEラーニング>で、自ら考え・議論する授業へ。」
2013年9月13日
[2013年度]第5回「賢く見分け、記録し、使うこと。世にあふれる膨大な情報を整理するヒケツ。」
2013年8月7日
[2013年度]第4回「学生のさまざまな問題を解決するために。勉強のモチベーションを上げる<再チャレンジプログラム>。」
2013年7月12日
[2013年度]第3回「東京工科大学の理念は、毎日の授業にも活かされている!大学入学後ひいては就職にも影響を及ぼす、<教育力の強化>について」
2013年6月14日
[2013年度]第2回「東京工科大学の理念である、実学主義教育。これを行うことで伸ばしていける、3つの力について」
2013年5月10日
[2013年度]第1回「東京工科大学の理念である、実学主義教育を紐解きながら、今後の社会に必要な人材を考える。」
2013年3月8日
[2012年度]第11回「学生時代の恩師の教えから導いた、実学主義で一番大切なこと。問題を発見でき、新しい発想ができる社会人になるために。」
2013年2月8日
[2012年度]第10回「学生がスタッフとして参加する、小学生対象の体験イベント。 子供たちに“教える”ことで、学生たちが養える能力とは。その他、いま話題の「理工系女子」に企業が求める能力とは。」
2013年1月7日
[2012年度]第9回「被災地支援は、専門分野の研究を活かして。“痛いところに手が届く"東京工科大学の活動とは。 」
2012年12月14日
[2012年度]第8回「アメリカ視察リポート その2 視察を通して触れた、南部の歴史や文化とは。 」
2012年11月9日
[2012年度]第7回「アメリカ視察リポート その1 就職力アップへ、最先端教育「コーオプ教育」とは。」
2012年10月12日
[2012年度]第6回「自分の新しい可能性を見つけよう!学生のうちはチャレンジ精神を大切に。 」
2012年9月14日
[2012年度]第5回「メキシコ“驚きと感動”の旅リポート!ラテン系のパワーを感じる“食・文化・歴史”を体験。 」
2012年8月8日
[2012年度]第4回「八王子市とボランティア活動で提携!キャンパスを出て“一歩踏み出す力”を大切にしよう。 」
2012年7月13日
[2012年度]第3回「東京工科大学の教養スタンダード「教養学環」。専門分野に必要な、豊かな教養の習得へ。」
2012年6月8日
[2012年度]第2回「東京工科大学の教養スタンダード「教養学環」を新設。これからの社会に必要な人材とは?-パート2-物事を批判的に見ることで、新しいものを創造していこう。」
2012年5月11日
[2012年度]第1回「東京工科大学の教養スタンダード「教養学環」を新設。これからの社会に必要な人材とは?-パート1-グローバルに活躍できる「国際的な教養」を身につけよう。」