東京工科大学大学院 HOME >研究室・プロジェクト紹介 > バイオニクス専攻 > バイオインフォマティクス特論:東京工科大学大学院

バイオニクス専攻

バイオニクス専攻

バイオインフォマティクス特論

担当教員名 / 単位数 村上 勝彦 / 選択1単位
授業科目名 バイオインフォマティクス特論
講義の概要 バイオインフォマティクスとはコンピューターを使って生物の謎を解く学問である。生物の遺伝情報から遺伝子やタンパク質の機能を調べたり、生物の進化について解析し生物種の類縁関係を明らかにしたりする。バイオインフォマティクスには、わずかなデータからルールをとりだしたり、大量のデータを処理して意外な結論を出したりするためのさまざまな方法があり、生物の新たな面が見えるところが面白くかつ重要で、近年注目されている学問である。
この講義では、バイオインフォマティクスが活躍した先端の事例を紹介する。また、実際にデータを解析ソフトに入力して操作をしながら結果の読み取り方を学ぶ。  本講義によって、バイオインフォマティクスの概要と先端研究内容を理解する。受講者は自分の研究をより深いものにするのにこの授業を役立てて欲しい。

資料請求はこちら