東京工科大学大学院 HOME >研究室・プロジェクト紹介 > バイオニクス専攻 > 環境バイオテクノロジー特論:東京工科大学大学院

バイオニクス専攻

バイオニクス専攻

環境バイオテクノロジー特論

担当教員名 / 単位数 筒井 裕文 / 選択1単位
授業科目名 環境バイオテクノロジー特論
講義の概要 近年、環境問題が大きな課題として取り上げられており、その対策技術の中でも生物の持つ機能を積極的に活用するバイオテクノロジーが着目されている。
本講義では、環境問題を解決するバイオテクノロジーについて、水環境や土壌環境に着目して、環境問題と最新の技術に至るまでのバイオテクノロジー発展の歴史を紹介することで技術の開発の方向性とその背景について概説する。また、微生物や植物などの基本的な特性を踏まえたうえで、環境問題を解決するためのバイオテクノロジーが有する長所および短所を学ぶ。また、グループワークで特定のバイオテクノロジーを取り上げ、その技術の評価を行うとともに改良に向けた提言をまとめ、発表する。

資料請求はこちら