東京工科大学大学院 HOME >研究室・プロジェクト紹介 > バイオニクス専攻 > 食品生産科学特論:東京工科大学大学院

バイオニクス専攻

バイオニクス専攻

食品生産科学特論

担当教員名 / 単位数 阿部 周司 / 選択1単位
授業科目名 食品生産科学特論
講義の概要 食品の多くは加熱、乾燥、凍結など様々な加工工程を経て流通される。それら加工を施された食品(加工食品)の品質は主に原料、加工方法および保管方法によって左右される。本講義では①多種多様である②生産量に変動が生じやすい③鮮度低下が速く、腐敗しやすいという3つの特徴を持った水産原料に特化して、原料から加工食品を生産していく上で必要な知識を現場レベルの観点と学術的な観点から養うことを目的とする。講義としては、いくつかの具体的な水産加工食品を題材にし、主にその加工品の原料における原料特性、原料保管および製品(あるいは中間原料)への加工方法に関して解説する。

資料請求はこちら