メディアサイエンス専攻

メディアサイエンス専攻

相互行為分析特論

担当教員名 / 単位数 山崎 晶子 / 選択1単位
授業科目名 相互行為分析特論
講義の概要 本授業では、相互行為分析に関する理解を深めるために、文献の講読とデータの分析を行う。相互行為は人間の日常において必ずなされるものである。20世紀に入り、社会学者のHarold Garfinkelによりethomethodologyにおいて、人間が様々な状況や場所において異なる相互行為を行うことが着目されその実践とreflexibity、さらに実践的なaccountabilityの探求がなされた。その考え方を基本としたHarvey SacksとEmanuel Schegloff およびGail Jeffersonによって、実際のデータから人間の相互行為がいかにして組織化されるかが実践的に探求された。本授業ではこの2組の論文を読み、データを分析し、相互行為分析の行い方を実践する。

資料請求はこちら