メディアサイエンス専攻

メディアサイエンス専攻

健康メディア特論

担当教員名 / 単位数 千種 康民 / 選択1単位
授業科目名 健康メディア特論
講義の概要 現在、不眠症や気分障害が社会問題化して、国内で2千万人以上が該当するという重大な問題となり、2015年12月よりストレスチェックが法制化された。本講義では、ストレスの原因とストレスの対策をメディアによる計測・可視化やメディアを活用した回復支援ととらえる新しい学問分野に取り組む。具体的にはストレスの原因に関する学術論文やWebの資料を調査し、その個別のストレスの要因を特定するとともに、ストレスの対策も併せて調査する。ストレス度の計測方法については医療用測定器やチェックテストを用いて計測し、その変化を一定期間にわたって観測する。同時に、ストレス対策も実践し、ストレス度の時間的変化を測定し、実践したストレス対策の効果について検証していく。併せて、気分障害・睡眠障害・視力低下・ダイエットなどもメディアと健康の講義内で取り扱う。

資料請求はこちら