東京工科大学大学院 HOME > アントレプレナー専攻 > 社会参加プログラム:東京工科大学大学院

アントレプレナー専攻

アントレプレナー専攻

社会参加プログラム

担当教員名 / 単位数 上林 憲行 / 選択必修1単位
授業科目名 社会参加プログラム
講義の概要 社会参加プログラムは、研究科の共通科目群における選択科目である。社会参加プログラムの目的は、大学院以外の社会的な環境において自律的能動的な活動を行うことにより社会理解や働くことの理解や視野を拡げる体験的な学習機会を提供することが目的である。具体的には、就業体験インターンシップやコオープ教育活動、社会的な貢献活動としてのボランティアやサービスラーニング活動、海外短期留学、企業・研究組織における実習や研修などが主な対象である。単位の認定には、①5日以上の従事、②参加報告書の提出及び発表が必要条件となる。修士1年の夏休みを活動期間として推奨する。

資料請求はこちら