バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

生物創薬研究室

研究内容
生物創薬研究室
クリックで拡大
生物創薬研究室
クリックで拡大
遺伝子組換え、生物工学、細胞培養技術を基盤とする生物創薬に関する研究を行っています。自然免疫で機能する多機能性タンパク質であるラクトフェリン (LF) に着目し、機能解析を進めるとともに、その創薬化をバイオベンチャー企業と共同で進めています。
ポリエチレングリコール (PEG)による化学修飾や、ヒトIgG Fcとの融合によるLFの体内安定化に成功しており、次世代製剤として開発しています。ヒトIgG Fcとの融合技術に関しては、副作用の可能性となる免疫エフェクター機能を示さないタンパク質医薬品の安定化技術として開発しました。LFのユニークな体内移行動態を利用したタンパク質医薬品の経口薬物送達法の開発も進めています。
機能性ペプチドの研究に関しては、研究室で開発したスクリーニング法 (MOPS法)を駆使し、ファージディスプレイペプチドライブラリーからの医薬品シーズの創製を目指しています。今後はファージディスプレイやアプタマー法で得られたリガンドを固相化する体外循環モジュールの開発を目指します。
研究テーマ
1.自然免疫で機能する多機能性タンパク質であるラクトフェリンの機能解析
2.次世代ラクトフェリン製剤の医薬品としての開発
3.新規タンパク医薬品の安定化技術の開発
4.ファージディスプレイやアプタマー法を用いた新規ペプチド、核酸の創製
5.体外循環モジュールを用いる新しい治療法の開発
プロジェクト独自ページ

     
担当教員
佐藤 淳 /SATO, Atsushi /サトウ アツシ
教授 / バイオ・情報メディア研究科バイオニクス専攻長
専門分野: 生物工学、生化学、生物創薬
プロフィール: 東京工業大学工学部化学工学科卒業、東京工業大学総合理工学研究科修士課程修了。
東京大学より博士(農学)を取得。
東レ(株)医療システム研究所、(株)生物分子工学研究所、東レ(株)医薬研究所、理化学研究所脳科学総合研究センター研究員を経て、現職。