バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

生物創薬研究室

研究内容
遺伝子組換えや細胞培養技術を基盤とするバイオ医薬品に関する研究を行っています。自然免疫で機能するタンパク質であるラクトフェリン (LF) に着目し、その機能解析を行いながら、体内安定性の向上したLFを開発して、その医薬品化をバイオベンチャー企業と共同で進めています。また、人工的なペプチド配列から、創薬シーズとなる機能性ペプチドの創製を行っています。
生物創薬研究室
研究テーマ
1. 自然免疫で機能する多機能性タンパク質であるラクトフェリンの機能解析
2. 体内安定性を高めたラクトフェリンのバイオ医薬品としての開発
3. ファージディスプレイランダムペプチドライブラリーからの新規機能ペプチドの創製
研究キーワード
バイオ医薬品 , ラクトフェリン , 機能性ペプチド
プロジェクト独自ページ

担当教員
佐藤 淳 /SATO, Atsushi /サトウ アツシ
教授 / バイオ・情報メディア研究科バイオニクス専攻長
専門分野: 生物工学、生化学、生物創薬
プロフィール: 東京工業大学工学部化学工学科卒業、東京工業大学総合理工学研究科修士課程修了。
東京大学より博士(農学)を取得。
東レ(株)医療システム研究所、(株)生物分子工学研究所、東レ(株)医薬研究所、理化学研究所脳科学総合研究センター研究員を経て、現職。