バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

生物計測研究室

研究内容
国際宇宙ステーションに捕集パネルを設置し、宇宙塵を集めて化学・生物分析を行っている。生物圏の上限や生命の起源に関する知見が得られると期待される。分析のための装置をJAXAや企業と共同で開発しつつ、地球とは異なる周期的環境下の生命現象を調べている。得られた知見・開発した装置を臨床検査分野に応用している。
生物計測研究室
図1 たんぽぽミッション デカール
20を超える日本の大学・企業と挙動で、国際宇宙ステーションの日本の実験モジュール「きぼう」を用いた世界初のアストロバイオロジー研究を支える基盤技術を担っている。

研究テーマ
1. アストロバイオロジーにおける細胞計測
2. 生物計測デバイスの開発
3. 極限環境における生物リズム
研究キーワード
astrobiology , cell analysis , nonlinear science
プロジェクト独自ページ

http://www.cloud.teu.ac.jp/public/HEF/sasaki/

担当教員
佐々木 聰 / SASAKI, Satoshi / ササキ サトシ
教授
専門分野: 発光バクテリア、アストロバイオロジー、非線形科学
プロフィール: 1994年 東京大学先端科学技術研究センター 助手
2002年 東京工科大学助教授
2010年 同教授
(2014年~ JAXAシステム研究員)