バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

植物工学研究室

研究内容
植物工学研究室
クリックで拡大
植物工学研究室
クリックで拡大
地球環境が変動する中で、作物に耐塩性や耐乾性を付与することができれば、安定的に食糧生産を行うことができます。
本研究室では、耐塩性や耐乾性の強い植物の仕組みを解明することで、このような環境ストレスに強い植物を作出する技術を開発することを目指しています。研究材料として、海水でも生育できるマングローブやソナレシバ、2年以上水やりなしでも枯れないヤトロファなどのユニークな植物を使用しています。特に、これらの植物の転写因子やイオントランスポーター、適合溶質などに注目して研究しています。また、植物の免疫力を高めて、病気や環境ストレスに強くする化合物を活性酸素種の生成を指標にして探索する研究を行っています。さらに、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドを分解する能力が高い植物を開発して、植物を健康的な生活に役立てるための研究をしています。
研究テーマ
1.植物の耐塩性機構に関する研究(Salt tolerance mechanisms in plants)
2.植物の耐乾性機構に関する研究(Drought tolerance mechanisms in plants)
3.植物の空気浄化能の強化に関する研究(Formaldehyde-detoxifying plants)
4.ファイトレメディエーション(Phytoremediation)
5.植物免疫やストレス耐性に与える活性酸素種(ROS)の影響の研究(Effects of ROS on plant immunity and stress tolerance)
プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/tada/index.html

     
担当教員
多田 雄一 / TADA, Yuichi / タダ ユウイチ
教授 / 就職部長
専門分野: 植物バイオテクノロジー、植物分子育種
プロフィール: 東京大学大学院農学系研究科修了後、三井東圧化学(株)、(株)三井業際植物バイオ研究所、茨城大学農学部非常勤講師、三井化学(株)ライフサイエンス研究所などを経て現職