バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

バイオプロセス工学研究室

研究内容
バイオプロセス工学研究室
クリックで拡大
バイオプロセス工学研究室
クリックで拡大
環境保全、食糧、医療、化学品への利用を目的とした微生物資源の開拓とバイオプロセスの構築のための研究を目指します。
本研究室での研究活動を通して、微生物の面白さはもちろん、実験に対する謙虚な姿勢、他との協調、プレゼンの重要性を学んで頂きたいと思っています。4年生中心の研究室ですが、研究進捗発表、個別ディスカッション、不定期な飲み会(?)で実力をつけていきます。
具体的な実験内容は、環境中からの微生物の探索、機能遺伝子の解析やゲノム解析、代謝産物の分析と代謝経路の解明、培養特性の解析と大量培養などで、オリジナルな微生物の産業への活用を目指します。例えば微生物探索研究では、沖縄地域、サハラ砂漠などの北アフリカ地域を含む様々な地域から、石油分解菌(Petroleum degrading microbes)、好塩性微生物(Halophiles)などを分離してきました。本研究室では、バイオテクノロジーの根幹技術である微生物の基本的な取り扱い、培養工学、遺伝子工学、生化学、GC/HPLC等の機器分析などを学ぶことができます。
研究テーマ
1.難分解性有機化合物の微生物分解
 (Microbial degradation of recalcitrant organic compounds)
2.微生物反応による有用物質生産
 (Value-added chemicals production using biocatalyst)
3.バイオリアクターによる微生物の大量培養(高密度培養)
 (High cell density cultivation of microbes)
4.放線菌(Actinomycetes)(特にノカルディオフォーム-Nocardioform bacteria)の遺伝子工学
5.微生物ライブラリーを活用した機能解析
プロジェクト独自ページ

http://bp-tut.jimdo.com/

     
担当教員
松井 徹 / MATSUI, Toru / マツイ トオル
教授
専門分野: 応用微生物学、生物化学工学
プロフィール: 研究教育歴:筑波大学大学院博士課程修了
ジャパンエナジー(現JX日鉱日石エネルギー)医薬バイオ研究所主任研究員、琉球大学准教授など