バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

生命ナノ工学研究室

研究内容
生命ナノ工学研究室
クリックで拡大
生命ナノ工学研究室
クリックで拡大
当研究室では、ナノテクノロジー的な視点から、生命科学の分野に革新的な進歩をもたらすような計測・操作・評価技術を開発することを目指している。このため、計測技術として、当研究室で得意としている水晶振動子センサーやプローブ顕微鏡を用い、新規な計測原理を開発するとともに、マイクロ3Dプリンタやフォトリソグラフィなどの微細加工技術を活用することで、DNA、タンパク質の分子レベルでの解析や応用、培養細胞の計測評価、操作技術への応用を進めている。具体的な応用例としては、1分子DNAシーケンシング、生体分子の分子間相互作用の評価、培養細胞による抗がん剤の評価、細胞シート関連技術の開発などで、さらに、食品物性分析に関する研究も行っている。
研究テーマ
1.水晶振動子センサーを用いる計測技術の開発と生体分子計測・物性分析への応用
2.プローブ顕微鏡に関する技術開発と生体分子機構の評価・解析
3.マイクロ3Dプリンタによる生体分子操作用マイクロマシンの開発と分析への応用
4.培養細胞を用いる抗がん剤評価技術の開発
5.細胞シート関連技術の開発(医療保健学部 苗村准教授との共同研究)
プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/muramatsu_lab/

     
担当教員
村松 宏 / MURAMATSU, Hiroshi / ムラマツ ヒロシ
教授
専門分野: バイオナノテクノロジー、生物計測工学、マイクロ・ナノ加工、電気化学計測
プロフィール: セイコーインスツルメンツ(株)において、水晶振動子センサーおよびプローブ顕微鏡に関する計測技術の開発及び生物分野への応用についての研究開発に従事し、2004年に東京工科大学教授に着任。
2006年に文部科学大臣表彰を受賞。