バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

応用生体科学研究室

研究内容
応用生体科学研究室
クリックで拡大
応用生体科学研究室
クリックで拡大
病気や健康の状態を早く的確に診断するための技術開発に取り組んでいます。まず、本研究室では抗体のような分子認識能を持ち標的分子に特異的に結合するDNA鎖(アプタマー:aptamer)に注目しており、これを用いて病気の診断に応用することを目指しています。
例えば、すでにエイズ診断の目印となるタンパク質に特異的に結合するアプタマーの取得に成功しており、これを用いた標的免疫細胞の検出に取り組んでいます。また、病気を見つけ出す抗体を多数並べて貼り付けたバイオチップを作製し、生体成分を高感度に検出することにもチャレンジしています。このときチップの表面をあらかじめナノメートルサイズの薄膜で加工することで、生体成分の検出感度を数十倍に向上させることに成功しています。
研究テーマ
1.疾病指標成分を認識するDNAアプタマーの探索と診断への応用
2.DNAアプタマーを用いた病原性微生物の迅速診断方法の開発
3.薄膜加工による新規バイオチップの開発と高感度診断への応用
4.アプタマーとバイオチップを組み合わせた高感度DNAアレイの開発
プロジェクト独自ページ

     
担当教員
矢野 和義 / YANO, Kazuyoshi / ヤノ カズヨシ
教授
専門分野: 生物工学、分子生物学
プロフィール: 東京大学工学部工業化学科卒業、同大学院修士課程修了
人工分子認識素子(artificial molecular recognition elements)に関する研究で同博士(工学)取得。米国Case Western Reserve大学留学時に筋収縮に関わる酵素の分子生物学に従事
東京大学助手、講師を経て現職。バイオセンシングや分析化学、分子生物学などの研究に従事