バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

バイオセンサー研究室

研究内容
環境汚染物質を検出対象としたバイオセンサーの開発を行っています。薄膜干渉基板は微弱な蛍光を感度良く観察できる基板で、ここに抗体や酵素、DNAなどを固定化して環境汚染物質の検出に応用しています。また、遺伝子損傷に関わるタンパク質を遺伝子組み換えした微生物を作製し、この微生物を利用して環境汚染物質の検出を試みています。
バイオセンサー研究室
研究テーマ
1. 薄膜干渉基板の蛍光増強効果を利用した環境汚染物質の検出
2. 環境汚染物質を検出するための遺伝子組み換え微生物の開発
研究キーワード
環境汚染物質 , 蛍光 , 遺伝子組み換え技術
プロジェクト独自ページ

担当教員
秋元 卓央 / AKIMOTO, Takuo / アキモト タクオ
教授
専門分野: 応用物理、バイオセンサ
プロフィール: 東京大学先端科学技術研究センター研究員、産業技術総合研究所研究員を経て現職