バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

生体機能化学研究室

研究内容
ユニークな機能を持つDNAやRNAを作製し、これらを新たな診断技術や、細胞表面および細胞内物質の可視化技術、さらには、創薬に利用する研究を行っています。例えば、蛍光タンパク質のように蛍光を発するDNAやRNAを作製し、これらの様々な利用法を研究しています。具体的には、疾患に関連する細胞内物質に結合すると蛍光を発する機能性RNAを開発し、新しい医薬品のスクリーニング(探索)への利用を目指しています。
生体機能化学研究室
蛍光タンパク質のように蛍光を発する機能性RNA

研究テーマ
1. 細胞表面および細胞内物質の蛍光イメージング法の開発
2. 機能性核酸を利用した医薬品の新規探索法の開発
3. 遺伝子診断のためのDNA化学修飾検出法の開発
研究キーワード
診断 , 創薬 , 機能性核酸
プロジェクト独自ページ

担当教員
加藤 輝 / KATO, Teru / カトウ テル
准教授
専門分野: 応用生命化学、分子進化工学、創薬化学
プロフィール: 京都大学工学部合成化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻博士課程修了
三菱ウェルファーマ(現・田辺三菱製薬)にて創薬研究に従事(医薬品候補化合物ライブラリーの合成と評価)