バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

生体機能化学研究室

研究内容
生体機能化学研究室
クリックで拡大
生体機能化学研究室
クリックで拡大
核酸(DNA、RNA)を材料として用いた新しい診断薬、細胞イメージング技術の開発を行っている。
具体的には、遺伝子発現のスイッチの役割をするDNAの化学的修飾、すなわちDNAのメチル化を簡便に検出する技術を開発し、がんの診断技術に応用する事を目指している。また、細胞内/細胞表面の生体分子(タンパク質、低分子、RNA)と結合すると蛍光を発する核酸分子ツールを開発している。このような分子ツールが開発できれば、様々な生命現象を解明するための基礎研究に利用できるだけでなく、がん細胞の種類、特徴を簡便に判定する診断技術などにも利用可能である。
研究テーマ
1.DNAメチル化の簡便な検出法の開発
2.標的分子との結合に伴い蛍光を発する核酸アプタマーを用いた細胞内イメージング技術の開発
3.細胞表面タンパク質の蛍光イメージングのための核酸アプタマーの開発
4.ローリングサークル転写を用いた機能性RNAナノ構造体の作製
5.新規環境応答性蛍光色素の設計・合成
プロジェクト独自ページ

     
担当教員
加藤 輝 / KATO, Teru / カトウ テル
准教授
専門分野: 応用生命化学、分子進化工学、創薬化学
プロフィール: 京都大学工学部合成化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻博士課程修了
三菱ウェルファーマ(現・田辺三菱製薬)にて創薬研究に従事(医薬品候補化合物ライブラリーの合成と評価)