バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

応用微生物学研究室

研究内容
応用微生物学研究室
クリックで拡大
応用微生物学研究室
クリックで拡大
われわれ人間は微生物を目で見ることができませんが、食品・医薬品の製造、環境浄化、物質循環など、微生物は我々の生活において重要な役割を果たしています。
本研究室では、微生物が持つ機能の有効利用と生命現象の解明を目的とします。研究テーマは主に食品に関連した問題を取り扱います。研究対象とする微生物は食品にかかわりの深い乳酸菌、酵母、カビなどが多くなりますが、食品にとって有害となる大腸菌、緑膿菌なども研究対象となります。
本研究室で研究を行うことで、身の回りにどのような微生物があり、それらの微生物がどのように生きているか知ってもらいたいと考えています。そして、卒業後は研究によって得られた知識を食品製造、食品開発、食品検査、環境検査の現場で役立てて欲しいと願っています。
研究テーマ
1.乳酸菌を用いた発酵食品の製造
2.ストレス環境下の微生物の挙動
3.乳酸菌の増殖促進因子に関する研究
4.環境中に存在する微生物の生理状態
5.抗菌性評価試験
プロジェクト独自ページ

     
担当教員
西野 智彦 / NISHINO, Tomohiko / ニシノ トモヒコ
准教授
専門分野: 微生物学、発酵学
プロフィール: 筑波大学第二学群農林学類卒業、大阪大学工学研究科修士課程修了
(株)ヤクルト本社 中央研究所、東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了
(独)産業技術総合研究所バイオニクス研究センター特別研究員などを経て現職