バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

機能性RNA工学研究室

研究内容
遺伝子工学的な手法で、がん細胞を抑制するRNA干渉性核酸の探索を進め、小胞体ストレス・細胞死シグナル経路の新しい遺伝子を発見しました。その生物学的・生理的な役割の解析を進めて、核酸バイオ医薬品や低分子医薬品の標的分子としての魅力を調べています。環境浄化の研究では、当研究室が発見した新属新種の放線菌Flexivirga alba ST13株の六価クロム還元に関する遺伝子の解明を進めています。
機能性RNA工学研究室
人工配列のshRNAをRNAiスクリーニングして、がん細胞の死を誘導するリボ核酸の合成に成功しました。赤色が薄い細胞は、リボ核酸が効いてミトコンドリアが異常なことを示します。

研究テーマ
1. がん細胞を抑制するshRNA探索と基礎研究
2. 微生物を用いた重金属汚染環境浄化の基礎と応用研究
3. 再生モデル動物プラナリアの基礎研究
研究キーワード
RNA干渉 , 核酸医薬 , 六価クロム
プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/sugiyama/

担当教員
杉山 友康 / SUGIYAMA, Tomoyasu / スギヤマ トモヤス
教授
専門分野: 生命工学、分子細胞生物学
プロフィール: 東京工業大学を卒業後、製薬企業や産学協同プロジェクトの研究所で遺伝子の研究に携わり、約160万件のヒトcDNAの遺伝子データベース登録に貢献した。