バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

機能性RNA工学研究室

研究内容
機能性RNA工学研究室
クリックで拡大
機能性RNA工学研究室
クリックで拡大
 癌治療を目指した癌治療薬を開発することが目的です。特に分子特異的に作用する核酸医薬の開発を進めています。核酸医薬を作用させた癌細胞が増殖不能(アポトーシス、細胞分裂抑制、細胞老化など)になることが期待されます。
 研究の材料はヒト大腸癌などの培養細胞と、研究室で独自に合成する核酸医薬の候補RNAです。私たちの研究室の強みは候補RNAを何億種類も持っていることです。
 研究手法は細胞培養法、セルソーターによる各種の細胞選別法、細胞増殖性アッセイ、遺伝子組換え法、核酸およびタンパク質の電気泳動法、ウェスタンブロット法、リアルタイムPCR法、蛍光免疫染色法、バイオインフォマティクスなどを利用します。
 新しく発見した核酸医薬については、その標的遺伝子を特定して、癌細胞での生理的な役割も明らかにしたいと考えています。
研究テーマ
1.癌細胞のアポトーシスを誘導する核酸医薬の基礎研究
2.癌細胞の分裂抑制を誘導する核酸医薬の基礎研究
3.癌細胞の老化を誘導する核酸医薬の基礎研究
4.癌細胞の酸化を誘導する核酸医薬の基礎研究
5.核酸医薬の合成に関する基礎研究
プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/sugiyama/

     
担当教員
杉山 友康 / SUGIYAMA, Tomoyasu / スギヤマ トモヤス
教授
専門分野: 生命工学、分子細胞生物学
プロフィール: 東京工業大学を卒業後、製薬企業や産学協同プロジェクトの研究所で遺伝子の研究に携わり、約160万件のヒトcDNAの遺伝子データベース登録に貢献した。