バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

有機分子設計学研究室

研究内容
有機分子設計学研究室
クリックで拡大
有機分子設計学研究室
クリックで拡大
含フッ素有機化合物の合成化学をとおして、以下の方針で研究を行います。
(1)世の中に求められる化合物の開発:誰でも当たり前のように使える原材料や反応を使った、実用性の高い含フッ素有機化合物の合成を目指します。そして、誰でも有用な化合物へと簡単に変換できる、共通性の高い、光学的に純粋な含フッ素ビルディングブロックを開発します。具体的には含フッ素アミノ酸の共通中間体を開発します。
(2) 新規(新奇)な現象の開発:有機物構造の微調整と結晶工学により、TRUE NANOを実現します。ナノテクノロジー材料として、高度構造規則性を持つ結晶に着目し、その内にトンネル細孔を建築し、その機能を開発します。具体的には、ガス分子(特に水素)の形(楕円球)を使う貯蔵材料(擬似クラスレート)やラチェット構造による分子輸送材料、特異な水素結合を用いるプロトニクス材料の開発を目指します。
(3) 世の中に求められる人材の育成:上記の研究活動を通して、研究を多面的に捉えることのできる人材を育成します。科学の基礎能力に加え、社会人のマナーや安全マインドの育成・教育にも力を入れます。
研究テーマ
1.有機フッ素化学の合成化学(含フッ素アミノ酸の合成)
2.有機結晶工学(構造の構築とその評価)
3.細孔吸着(ナノ細孔による水素ガスの吸蔵)
4.ナノテクノロジー(熱振動の有効利用)
5.安全工学(安全教育)
プロジェクト独自ページ

http://www.teu.ac.jp/info/lab/project/es/dep.html?id=11

     
担当教員
片桐 利真 / KATAGIRI, Toshimasa / カタギリ トシマサ
教授
専門分野: 有機化学、ナノテクノロジー
プロフィール: 1990-1995 JX日鉱日石
1995-2015 岡山大学工学部
2015-東京工科大学有機フッ素化合物の化学を中心に、医薬品合成、反応開発、溶媒の開発、有機結晶工学、水素ガス貯蔵、ナノテクノロジーを展開中