コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

先進メカトロニクス研究室(余研究室)

研究内容
先進メカトロニクス研究室(余研究室)
クリックで拡大
先進メカトロニクス研究室(余研究室)
クリックで拡大
メカトロニクスシステムの高精度・高性能を実現するために、フリー・ウェーティング・マトリクス手法、等価入力外乱手法、2次元繰返し制御手法などの新しい制御法を提案し、倒立振子、鉄棒ロボット、車の自動操舵、高精度切削機械、スマートグリッド、騒音制御や構造物制御などに幅広く応用し、その有効性を検証してきている。
高齢化問題を工学的な立場から取り組むために、高齢者の健康維持・促進できる電動カートを開発しさらに、人間のリハビリの進捗状況に合わせて構造や負荷などが自由に調整できるHuman centered rehabilitation machineという新概念のリハビリシステムの開発を行っている。
認知理論、集合知、反転授業や脳科学などの研究成果を融合した新しいタイプのe-ラーニングシステムを開発しています。このシステムは個人のレベルに合わせて自動的に個人専用教材を構築し、学習の進捗状況を動的に調整・管理します。
いままでジャーナル論文200本以上発表し、5000回以上(Google Scholarより)引用されThomson Reuters Highly Cited Researcherに2012、2013、 2014年に連続して選出される。
研究テーマ
1.協調制御システムの位置決め制御
2.風力発電・太陽光発電システムの安定化制御
3.構造物の制振制御
4.リハビリの進捗状況に応じて構造と負荷が調整可能なリハビリ機器の開発
5.個人適応技術中国語/日本語e-ラーニングシステム
プロジェクト独自ページ

     
担当教員
余 錦華 / SHE, Jin-Hua / シャ キンカ
教授
専門分野: アドバンスト制御理論と応用、メカトロシステムの高性能化、むだ時間システム、エキスパート制御システム、ロボティックス、オンライン教育システム
プロフィール: 1983年に中国中南大学を卒業。
1983年~1986年に中国冶金工業部自動化研究院で製鉄プロセス制御に従事。
1990年と1993年にそれぞれ東京工業大学大学院博士前期と後期課程修了。博士(工学)。
1993年より東京工科大学勤務。