コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

香りセンシングと表面科学研究室(杉本研究室)

研究内容
香りセンシングと表面科学研究室(杉本研究室)
クリックで拡大
香りセンシングと表面科学研究室(杉本研究室)
クリックで拡大
分子情報に基づいて、香りの種類(質)や室内大気の状態を把握できるニオイセンサシステムの開発を目指して研究を進めています。大気中に含まれる水蒸気をはじめとする妨害ガスへの対策や低濃度のにおい成分ガスへの対応など、高選択性と高感度性を併せ持つ感応膜が求められます。これらの問題を解決するため、当研究室では以下の様な検討を行っています。周期的構造による大表面積を有した感応膜の作製方法を開発し、高感度化を目指します。膜構造パラメータとガス吸着量との関連を明らかにすることで構造最適化を図ります。また、ガス分子の物理化学的構造パラメータとガス吸着量との関連性を定量的構造物性相関の手法により明らかにして、感応膜のガス選択性に関する指針を得ます。これら数理統計的分析結果を裏付けるため、走査型プローブ顕微鏡による表面電位や表面相互作用など表面物性測定を介して、ガス吸着現象のダイナミズムを明らかにします。
研究テーマ
1.発香材料や人体からのアウトガスに対するニオイセンシングの研究
2.嗅覚による感性評価と関連させたニオイセンサシステムの開発
3.プラズマや蒸着法によるガス吸着膜の合成
4.ガス吸着膜表面における吸着-吸収ダイナミクスの解明
5.ガス吸着膜と吸着ガスとの定量的構造物性相関の解明
プロジェクト独自ページ

http:// www2.teu.ac.jp/sugimoto/

     
担当教員
杉本 岩雄 / SUGIMOTO, Iwao / スギモト イワオ
教授
専門分野: 生体物質工学、表面科学、薄膜工学、生体および環境計測
プロフィール: NTT電気通信研究所(1985~2002)
 ・固体潤滑膜と表面分析に関する研究
 ・ニオイセンシングシステムの開発
東京工科大学(2002~)
 ・ガス吸着膜の表面ダイナミクスの解明
 ・高感度・高選択性を有するガス吸着膜の開発
 ・高精度ニオイセンシングシステムの開発