東京工科大学大学院 HOME > 研究室・プロジェクト紹介 > 大学院 コンピュータサイエンス専攻 研究室一覧 > インテリジェントワイヤレスシステム研究室(渡辺研究室)

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

インテリジェントワイヤレスシステム研究室(渡辺研究室)

研究内容
インテリジェントワイヤレスシステム研究室(渡辺研究室)
クリックで拡大
インテリジェントワイヤレスシステム研究室(渡辺研究室)
クリックで拡大
無線LANは低価格化が進んで広く普及し、今や日常生活の中で必需品となっています。有線 LANの予めケーブル接続を前提とした伝送方式から、無線 LAN には無線特有の電波伝搬状況を考慮して所望の性能を発揮させる新たな伝送方式の研究を進めています・また、サーバからのダウンロードによる情報収集型から、無線による利便性を生かすために、センサ情報の収集とアクティブに機器を制御する双方向型へと展開しています。そのために、センサ情報とアプリケーションが連携して動作するネットワークアーキテクチャや、雑音環境下でも高い信頼性を有してデータの送受を可能とする強固なネットワークプロトコルの研究を進めています。センサ自身についても、物との電波信号の送受から相関特性を見出して、特徴を抽出し統計処理から予測まで行うアクティブセンシング方式の研究を進めています。
研究テーマ
1.機器をアクティブに制御するワイヤレスネットワークの研究
2.センサ情報を有効利用するネットワークアーキテクチャの研究
3.電波伝搬特性に応じたTCP等のネットワーク制御方式の研究
4.周波数共用資源を効率的に利用する強固なネットワークプロトコルの研究
5.物との対話から特徴を抽出し統計予測を行う電波式アクティブセンシング方式の研究
プロジェクト独自ページ

     
担当教員
渡辺 正浩 / WATANABE,Masahiro / ワタナベ マサヒロ
教授
専門分野: 無線マルチホップネットワーク、無線通信、レーダ
プロフィール: 自動車・鉄道用ミリ波レーダ、電力・社会システム用無線ネットワーク協調制御の研究実用化に従事。無線マルチホップネットワーク、ソフトウェア制御の無線機及びレーダ、スマートアンテナ等を用いた環境に適応して自律制御を行うワイヤレスシステムの構築技術を研究。