コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

知性材料工学研究室(三田研究室)

研究内容
知性材料工学研究室(三田研究室)
クリックで拡大
知性材料工学研究室(三田研究室)
クリックで拡大
様々な製品に利用されている金属材料は、それぞれの材料が持つ性質(特性)が活かされるような使い方がされなければなりません。本研究室ではこのような金属材料の特性や応用(利用法)について研究しています。また、他とは異なる特性を持った新しい合金が今も数多く開発されています。それらの中には興味深い特性を示す材料があります。形状記憶合金(Shape memory alloy, SMA)もその一つです。図1はSMA をアクチュエータとして用いた応用の一例です。これはSMAを加熱したときに発生する大きな力を利用したエンジンで、偏心させた2枚の円板間に放射状にSMAコイルばねを取り付けています。このエンジンは温水と冷水を放水すると回転します。また、図2はTiNi SMAの結晶構造についてコンピュータを用いた数値解析を行った結果の一例です。SMAの重要な特性であるマルテンサイト変態が再現されています。
研究テーマ
1.形状記憶合金を用いたロボットアームの研究
2.形状記憶合金アクチュエータの出力特性制御
3.形状記憶合金のマルテンサイト変態挙動の数値解析
4.組合せ応力状態における材料試験
5.ウォータージェット切削に関する研究
プロジェクト独自ページ

     
担当教員
三田 俊裕 / MITA, Toshihiro / ミタ トシヒロ
准教授
専門分野: 材料工学、疲労
プロフィール: 成蹊大学大学院工学研究科機械工学専攻博士前期課程・後期課程修了後ワシントン大学(米国・ワシントン州)研究員。