コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

強結合分子動力学シミュレーション(山元研究室)

研究内容
強結合分子動力学シミュレーション(山元研究室)
クリックで拡大
強結合分子動力学シミュレーション(山元研究室)
クリックで拡大
現代では日々多くの素材が開発されて生活を豊かにしています。特に役に立つ素材というのは、何か特徴的な物性を持っている物が多いです。
物性の多くは電子の振る舞いによって決まりので、より深く物の性質を理解するためには電子の振る舞いを知る必要があります。
電子の振る舞いを直接知るのは困難なのでシミュレーションを利用します。
特に個体や液体といった凝集体中の電子状態に興味があり、シミュレーションの手法を開発したり、大規模な計算が必要なのでうまく計算する工夫を開発したりしています。(大規模疎行列ソルバー開発)
近年では、電子の振る舞いをかなり大胆に近似した TB分子動力学法という手法を実現する ELSES というパッケージに開発に参加しています。
研究テーマ
1.Tight-binding Molecular Dynamics
2.Electronic Structure of Condensed Matter
3.Iterative Linear Equation Solver
プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/ssym/

     
担当教員
山元 進 / YAMAMOTO, Susumu / ヤマモト ススム
准教授
専門分野: 電子物性、量子分子動力学、大規模数値解析
プロフィール: 東京大学大学院 物理工学専攻 博士課程 中退後、東京大学 技官、同大学 助手、科学技術振興機構 研究員、 東京大学 研究員、東京工科大学 コンピュータサイエンス学部 講師を経て現職