コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

思考と言語プロジェクト(亀田研究室)

研究内容
言語は、人間相互の意思疎通の道具、思考のための道具、知識記述の道具である。この言語をコンピュータも人間のように駆使することができれば、その社会的価値は高い。この研究では、未知の単語・統語規則を子供が言語獲得するように帰納的・漸進的に獲得する言語獲得モデルを構築するとともに、それに基づき大規模なテキストデータベースから未知言語知識を獲得するシステムを構築する。日本語と英語を対象としProlog言語で構築中。
思考と言語プロジェクト(亀田研究室)
未知知語や未知統語規則等の文法知識を獲得する知的な文理解システム

研究テーマ
1. 未知語
2. 未知統語規則を帰納的
3. 漸進的に獲得するスマートパーザ
研究キーワード
未知語獲得 , 未知統語規則獲得 , 帰納論理プログラミング
プロジェクト独自ページ

http://kameken.clique.jp/

担当教員
亀田 弘之 / KAMEDA, Hiroyuki / カメダ ヒロユキ
教授 / コンピュータサイエンス学部長
専門分野: 思考と言語、言語情報学、機械学習、知的情報検索、認知科学
プロフィール: 学部の卒業研究以来一貫して、自然言語処理分野を中心に学際的に思考と言語の研究を行っている。具体的には、未知語処理、人間の文処理過程の解明とその応用、言語の標準化、帰納論理プログラミングによる言語獲得研究、人間の高次脳機能の計算論的構成論的解明、認知リハビリテーション用ゲーム開発、機械翻訳システム等。