東京工科大学大学院 HOME > 研究室・プロジェクト紹介 > 大学院 コンピュータサイエンス専攻 研究室一覧 > 電力システム工学、エネルギー工学研究室(新海研究室)

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

電力システム工学、エネルギー工学研究室(新海研究室)

研究内容
再生エネ大量導入のためには、電力システムの安定化と損失低減が必要です。そのために、高電圧直流送電網とスイッチの開発が不可欠です。液中の熱プラズマを用いた独自アプローチで、新たな高電圧直流スイッチを開発しています。 また、AI(人工知能)を使った次世代風力発電システム開発プロジェクトを進めています。 さらに、災害復興現場・水中・宇宙空間などのロボットや重機へのワイヤレス給電技術を研究しています。
電力システム工学、エネルギー工学研究室(新海研究室)
研究テーマ
1. 液中熱プラズマを用いた高電圧直流スイッチの開発
2. 次世代風力発電システムの開発
3. 過酷環境に用いるワイヤレス給電の開発
研究キーワード
直流送電 , スマートグリッド , スイッチギア
プロジェクト独自ページ

担当教員
新海 健 / SHINKAI, Takeshi / シンカイ タケシ
教授
専門分野: 電力システム工学、高電圧大電流工学、エネルギー工学
プロフィール: