コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

材料プロセッシング研究室(古井研究室)

研究内容
材料グリーンプロセス研究室は、材料の塑性変形加工の開発と理解に関する広範な基礎研究プログラムを実施している学際的な研究室です。省エネルギー,省資源,リサイクルがもたらすサステイナブル社会の実現に貢献するため、高機能,高性能な素材を製造する塑性加工プロセスの設計と開発が求められています。新しい成形加工プロセスによって結晶粒微細化や結晶ランダム化が達成され、素材の機械的性質や物理的性質が飛躍的に向上することを明らかにしています。一連の研究を通したキーワードは“ねじり・ねじり戻し加工”,“等溝孔交差圧縮加工”,“高圧縮ねじり加工”です。
材料プロセッシング研究室(古井研究室)
研究テーマ
1. ねじりをコアとする多機能・高性能塑性加工プロセスの開発
2. ねじり・ねじり戻し調製による超軽量,高強度ねじの成形
3. 超軽量マグネシウム-リチウム合金の高次設計
研究キーワード
材料プロセス , 成形加工 , 機械的性質
プロジェクト独自ページ

担当教員
古井 光明 / FURUI, Mitsuaki / フルイ ミツアキ
教授
専門分野: 材料工学、材料プロセッシング、組織制御、電磁気冶金
プロフィール: