コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

不揮発性メモリ研究室(茂庭研究室)

研究内容
フィルム化が可能なReRAM(Resistive RAM)を透明化して、車の窓ガラスや眼鏡、コンタクトレンズ、バンドエイド形脈拍計などに搭載可能な不揮発性メモリを開発します。それにより、超軽量・超小型・超低消費電力のウェアラブル端末が実現し、安全快適な未来社会が花開きます。
不揮発性メモリ研究室(茂庭研究室)
研究テーマ
1. 透明ReRAMの材料選択・デバイス構造設計および動作メカニズム解析
2. 透明ReRAMの材料および特性に関する評価技術の開発
3. 透明ReRAMの形成プロセスの開発
研究キーワード
透明 , ReRAM , ウェアラブル
プロジェクト独自ページ

担当教員
茂庭 昌弘 / MONIWA, Masahiro / モニワ マサヒロ
教授/電気電子工学科長
専門分野: 集積回路工学、電子デバイス工学、不揮発性メモリ
プロフィール: