メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

サービス体験価値デザイン(SXD)

研究内容
サービス体験価値デザイン(SXD)
クリックで拡大
サービス体験価値デザイン(SXD)
クリックで拡大
21世紀は、あらゆる製品やサービスがソフトウエアにより付加価値が実現され相互に連携するサービス化社会だとされています。その潮流のなかで、ビジネスや社会問題解決分野でもサービスよって新しい効用やユーザー体験価値を創造する重要だと理解され、科学的・工学的な方法論を駆使したサービスイノベーションは、先進格国の成長戦略の基軸になってきています。
製品とは異なる、形のない無形なサービスを、どのようにデザインして、実現するかがビジネス的にも大きな挑戦となっています。このような社会的な課題を解決する新しい方向性として、サービスサイエンスという分野が俄然注目を浴びて来ています。
本研究プロジェクトでは、新しいユーザー体験価値を、デザイン思考という方法論に基づき創造して、先進的なICTを活用してサービスとして実現することを研究ミュションとしてサービス&イノベーション工学を確立して人材を育成します。特に、ユーザーの文脈情報に基づくユニークなユーザ体験価値を提供するサービスを目指します。
重点関心領域としては、インターネットモバイル時代の広告サービス(メディア)を伸ばして行きます。この分野は、他大学院では本格的に研究することができないメディアサイエンス専攻にユニークな分野であり、インターネットモバイルのこれから最も期待される成長分野です。その先陣をきる人材育成を応援したいと思います。
研究テーマ

1.サービス&イノベーション工学
2.広告サービス(メディア)工学
3.ユーザー体験価値デザイン&サービス
4.ICTを活用した学習者中心サービス
5.ソーシャルメディア(関係性)サービス&ソリューション

プロジェクト独自ページ

http://sxd2015.strikingly.com/

             
担当教員
上林 憲行 / KAMIBAYASHI, Noriyuki / カミバヤシ ノリユキ
教授 / バイオ・情報メディア研究科長
専門分野: サービス工学、サービス臨床工学、ネットワーク生態学
プロフィール: 慶應義塾大学大学院博士課程了、工学博士。
広島大学助手、山形大学工学部情報科学科教授を歴任。富士ゼロックス社ではシニアリサーチフェロー、研究所所長を歴任。現在は、サービスサイエンス(工学)分野における文脈(コンテキスト)を重視したユーザー体験価値デザイン、広告サービスなどの研究に従事。