メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

相川研究室

研究内容
相川研究室
クリックで拡大
相川研究室
クリックで拡大
新しい音声信号処理法の開発とその応用に関する研究を行っています。人間の音声音響情報処理機能に基づく情報処理方式が研究の特徴です。感性情報処理の分野も含みます。基礎的な研究としては、聴覚の機能の分析、人の音声によるコミュニケーションの分析、音の感じ方やその感情表現、音声特徴の分析法があります。応用研究としては、感情や印象・雰囲気の表現に関係した音響特徴の分析、その特徴を用いた情報検索、人の声質の評価診断などのシステム構築があります。今までの学会発表は、音声信号処理、音声インタフェース関係の発表が中心となっています。
研究テーマ

1.音声の質の音響分析(acoustic signal processing for voice quality evaluation)
2.音声による情報検索(voice-input information retrieval)
3.楽器音の自然性(high quality musical synthesizer)
4.メロディの知覚特性の分析(analysis of sound stream perception)
5.3D音像知覚(three-dimensional sound localization)

プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/media/~aik/

             
担当教員
相川 清明 / AIKAWA, Kiyoaki / アイカワ キヨアキ
教授 / メディア学部長
専門分野: マルチモーダル対話インタフェース、視聴覚情報処理、音声認識
プロフィール: 大学院授業:メディアコミュニケーションシステム
研究歴:音声認識、音声検索、音声対話、音声信号処理、聴覚信号処理
speech recognition, voice search, spoken dialog system, speech signal processing, auditory signal processing