メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

サウンド×ヒューマン

研究内容
サウンド×ヒューマン
クリックで拡大
サウンド×ヒューマン
クリックで拡大
当研究室では、音声認識や音響信号処理を中心として、音にまつわる様々な現象を研究しています。教員(大淵)のこれまでの研究では、主に人間の声を扱ってきましたが、今後はそれ以外のいろんな「音」の研究も進めていきたいと思っています。また、理論やアルゴリズムだけでなく、スマートフォンアプリやゲーム、コンテンツ制作などの応用を目指した研究も行っていくつもりです。音についてとことん考えてみたい人、音を使って生活を豊かにすることに興味のある人、音の謎をコンピューターで解き明かしてみたいという人など、ぜひいちど当研究室を覗きにきてみて下さい。
研究テーマ

1.音声認識・音声合成を利用したアプリやインタフェースの作成
2.雑音抑圧やエコー除去のための音響信号処理
3.様々なスピーカーを使った空間的な音場制御方式
4.マイクロホンアレイによる雑音除去や音源方向推定
5.人の声から話者の感情を推測する方式やその応用

プロジェクト独自ページ

http://www.obuchilab.org/

             
担当教員
大淵 康成 / OBUCHI,Yasunari / オオブチ ヤスナリ
教授
専門分野: 音声認識、音声対話、音響信号処理
プロフィール: 23年間に渡って日立製作所の研究所で音声や機械学習の研究をしてきました。カーナビやコールセンターなどに向けた実用的な研究に加えて、様々な大学との共同研究で音声認識の基本的なアルゴリズム開発にも携わってきました。