応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

疾患ゲノム制御(宇井 彩子)研究室

研究内容

疾患ゲノム制御(宇井 彩子)研究室
クリックで拡大
私達の研究室では、がんの最大の特徴である「ゲノム不安定性」に着目し、がん化のメカニズムの解明と新たながん治療・創薬の研究・開発を進めることにより、より良いがん医療の発展を目指します。
そこで、「ゲノム不安定性」におけるDNA修復・転写・蛋白質分解・ユビキチンの共役機構の解明と、その破綻による細胞がん化のメカニズムを明らかにすることにより、がんの予防や治療法の確立に役立てます。また近年進められている「ゲノム医療」の課題に取り組むと共に、がんの「バイオマーカー」の探索により、効果的・経済的ながんの治療の開発を目指します。
また、「ゲノム不安定性」は老化の特徴でもあります。そこで細胞老化や不妊(卵子老化)のメカニズムの解明も目指します。
研究テーマ

1. がんのゲノム不安定性におけるゲノム情報維持と蛋白質恒常性維持機構(DNA修復・クロマチンリモデリング・転写・プロテアソーム・ユビキチン)の役割の解明
2. 上記の機能の破たんにより生じる細胞がん化のメカニズムの解明
3. 「ゲノム医療」の課題への取り組みや「バイオマーカー」の検索による、新たながんの治療戦略の構築
4. 細胞老化や不妊(卵子老化)のメカニズムの解明

プロジェクト独自ページ

研究キーワード
がん , DNA修復 , 転写 , ユビキチン , 蛋白質分解 , 抗がん剤 , がん治療 , がん細胞 , 老化 , 不妊
担当教員
准教授
宇井 彩子/ウイ アヤコ/UI,Ayako
専門分野:DNA修復・転写・蛋白分解・エピジェネティクス・ゲノム創薬