応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

細胞酸化ストレス(加柴美里)研究室

研究内容

細胞酸化ストレス(加柴美里)研究室
クリックで拡大
加齢や様々な病気の原因として活性酸素が注目されています.活性酸素は,わかりやすくいうと酸素が高い反応性を獲得した形のことで,活性酸素が生体内の脂質やタンパク質・核酸を傷つけてしまうことが加齢や病気に関係していると考えられています. 当研究室では,活性酸素を消去する抗酸化物質に注目しています. 具体的な研究テーマとしては①細胞中の主な活性酸素産生サイトであるミトコンドリアの呼吸鎖超複合体の中に含まれるコエンザイムQ10の解析.②脂溶性のコエンザイムQ10と結合してこれを可溶化する蛋白質の機能解析.③メダカを用いた受精と抗酸化物質の関係の解明.などです. 本研究により,老化をとめたり,病気の発生を抑制する手掛かりを得たいと思います.
研究テーマ

1. ミトコンドリア呼吸鎖超複合体中のコエンザイムQ10量の解析
2. 免疫系におけるコエンザイムQ10の役割の解明
3. 長期間酸化ストレス負荷細胞モデルのミトコンドリアの解析
4. コエンザイムQ10結合タンパク質プロサポシンの生理作用の解明
5. メダカを用いた受精と抗酸化物質に関する研究

プロジェクト独自ページ

研究キーワード
予防医学 , 健康寿命の延長 , 酸化ストレス , 活性酸素 , 抗酸化物質 , コエンザイムQ10
担当教員
准教授
加柴 美里/カシバ ミサト/KASHIBA, Misato
専門分野:病態生化学、栄養生化学