コンピュータサイエンス学部

School of Computer Science 八王子

香りセンシングと表面科学研究室(杉本研究室)

研究内容

香りセンシングと表面科学研究室(杉本研究室)
クリックで拡大
分子情報をベースに、香りや大気の状態を把握するシステムの開発に取り組んでいます。高感度で識別能力の高いセンサの開発をデータ処理方法の構築に力を注いで研究しています。ガス分子を補足しやすい構造を持つ感応膜の開発が中心的なテーマです。また感応膜で起きているガスの吸着や吸収などの表面現象を分子レベルで知ることはセンサ応答の基本情報を引き出すことにつながります。基本をしっかり押さえて、システムの改良につなげられるよう心がけて研究を進めています。また、香りが嗅覚を通じて与える心理的な影響を感性評価の手法を用いて研究し、香りセンサシステムとの関連性も調べています。
研究テーマ

・茶葉、スパイス、木材などから発せられる芳香の識別
・芳香が与える感性への影響の解明
・芳香の発生方法とガス吸着試験装置の開発
・呼気および腐葉土臭による状態の把握
・生体分子の真空プロセスによる薄膜化とプラズマ処理によるガス吸着機能の付与
・感応膜表面における吸着分子の挙動の解明
・感応膜と吸着ガスとの間の分子構造の特徴化と吸着量との関連性の解明
・表面状態の変化に対応させたセンサ応答のシミュレーション

プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/sugimoto/

研究キーワード
センサ , ナノテク , 表面 , 香り , 感性 , シミュレーション , 生体材料 , カーボン , 住環境 , 健康・安全
担当教員
教授
杉本 岩雄/スギモト イワオ/SUGIMOTO, Iwao
専門分野:生体物質工学、表面科学、薄膜工学、生体および環境計測