工学部

School of Engineering 八王子

有機分子設計学(片桐)研究室

研究内容

有機分子設計学(片桐)研究室
クリックで拡大

含フッ素有機化合物の合成化学をとおして、以下の方針で研究を行います。

(1)世の中に求められる化合物の開発:誰でも当たり前のように使える原材料や反応を使った、実用性の高い含フッ素有機化合物の合成を目指します。そして、誰でも有用な化合物へと簡単に変換できる、共通性の高い、光学的に純粋な含フッ素ビルディングブロックを開発します。具体的には含フッ素アミノ酸の共通中間体を開発します。

(2) 新規(新奇)な現象の開発:有機物構造の微調整と結晶工学により、TRUE NANOを実現します。ナノテクノロジー材料として、高度構造規則性を持つ結晶に着目し、その内にトンネル細孔を建築し、その機能を開発します。具体的には、ガス分子(特に水素)の形(楕円球)を使う貯蔵材料(擬似クラスレート)やラチェット構造による分子輸送材料、特異な水素結合を用いるプロトニクス材料の開発を目指します。

(3) 世の中に求められる人材の育成:上記の研究活動を通して、化学を多面的に捉えることのできる人材を育成します。化学・科学の基礎能力に加え、社会人のマナーや安全マインドの育成にも力を入れます。

研究テーマ

・医薬品原料を指向した光学的に純粋な含フッ素有機化合物合成法の開発
・分子の設計による結晶工学的なナノ構造の設計と構築
・ナノ・トンネル細孔によるガス分子の貯蔵法などの開発
・ナノ・トンネル細孔によるブラウニアン・ポンプの開発
・有機分子の構造と物性の関係の理解、特に液体物性に及ぼす分子構造の「意味」の解明

研究室の独自ページ

研究キーワード
有機合成化学 , 有機フッ素化学 , 物理有機化学 , 結晶工学 , ナノテクノロジー
担当教員
教授
片桐 利真/カタギリ トシマサ/KATAGIRI, Toshimasa
専門分野:有機化学、ナノテクノロジー