工学部

School of Engineering 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 工学部> 工学部 研究室一覧> 光機能性錯体化学(森本)研究室

光機能性錯体化学(森本)研究室

研究内容

光機能性錯体化学(森本)研究室
クリックで拡大

植物が行う光合成のように、光エネルギーを利用して、有用な化合物を人工的に作り出すことができれば、人類自らが引き起こしてきた深刻な問題(環境・エネルギー・資源問題等)を解決し、持続可能な社会の実現に寄与できると考えられます。そこで、光エネルギーを化学エネルギーに変換できる光触媒系(人工光合成)の実現を目指して、その要素となる金属錯体や有機分子を開発しています。光エネルギーを集めるアンテナ分子、そのエネルギーで電子を駆動する分子、電子を蓄える分子、反応基質を捕捉する分子、物質変換を起こす触媒などの様々な分子素子を合成し、その機能・物性の評価を行います。これらの研究活動を通じて、錯体化学、有機化学や光化学などを基礎から応用まで学ぶと同時に、光エネルギーを有効に利用できる光反応系の構築を目指します。

研究テーマ

・二酸化炭素還元光触媒の開発
・可視光応答型強発光性金属錯体・有機分子の設計と合成
・特定の分子・イオンを捕捉するレセプターの合成
・複数の電子を蓄積できる電子プールの開発
・化学反応・化学平衡をシミュレートするプログラム作成

研究室の独自ページ

光機能性錯体化学研究室(森本)

研究キーワード
金属錯体 , 光化学 , 人工光合成 , 光触媒 , 光エネルギー
担当教員
講師
森本 樹/モリモト タツキ/MORIMOTO, Tatsuki
専門分野:錯体化学、光化学、有機化学