工学部

School of Engineering 八王子

有機合成化学(上野 聡)研究室

研究内容

有機合成化学(上野 聡)研究室
クリックで拡大

斬新で有用なサステイナブル有機合成反応の開発を目的として次のような研究をしています。

(1)環境調和型メタルフリー反応の開発
遷移金属触媒を用いることで達成されている有用な有機合成反応を、遷移金属を用いなくても同等の反応を行えるような技術を開発する。

(2)ベンゼン環に求核性を持たせるような反応開発
ベンゼン環は多くの求電子剤とは直接反応しないが、特殊な仕掛けをすることで、ベンゼン環をアミンやアルコール、マロネートなどの頻繁に用いられる求核剤と同様に結合形成反応に利用することを目指している。

(3)脂肪族炭素–水素結合の選択的活性化の新概念の創出
脂肪族炭素–水素結合の活性化は最近の重要な研究課題の一つであるが、特にある化合物において選択的な活性化を行うための新概念を研究している。

上記以外にもさまざまな化学現象に興味を持ち、研究対象としています。

研究テーマ

・求核的ベンゼンの有機合成化学の開拓
・触媒的脱水素化を経る分子変換反応の開発
・脂肪族炭素–水素結合の新規活性化法の開発
・π共役拡張分子の斬新な合成法の開発
・新概念に基づく生理活性物質の迅速合成法の開発

研究室の独自ページ

https://sites.google.com/a/edu.teu.ac.jp/ueno/

研究キーワード
反応開発 , 有機合成化学 , 有機金属化学
担当教員
講師
上野 聡/ウエノ サトシ/UENO, Satoshi
専門分野:有機合成化学、有機金属化学