メディア学部

School of Media Science 八王子

コム・メディア・デザイン(太田研究室)

研究内容

コム・メディア・デザイン(太田研究室)
クリックで拡大
この研究室では、新しいコンピューターの在り方を追求しています。コンピューターの装置に向かって「操作する」使い方ではなく、生活のなかで普段の行動をしているだけで便利な機能が勝手に作動するようなことを考えます。生活環境の一部としてコンピューターの機能が存在するような場をデザインすることや。コンピューターの新しい使い方を提示するユーザーインターフェースを考えること。そして最後に、インタラクティブな仕掛けによって人に新しい経験を与え、驚きや共感によって人の行動を動かすような仕組みをデザインすることを研究しています。このような研究をするには、コンピューターの知識、社会的な課題の発見と理解、ビジュアルなデザインや人の行動の理解など多様な要素のどれか一つではなく、全てを連携させて総合的に考える力が要求されます。これはメディア学部で目指す能力でもあり、この研究室ではそうした力を養うことを目指しています。
研究テーマ

・インタラクションデザイン
・インタラクティブなコンテンツのデザイン
・ユーザーインターフェース/ゲームインターフェース
・複数のデバイスの動的な連携
・マルチディスプレイ
・メディアアート/インスタレーション
・インタラクティブアプリケーションの電子広告への応用
・AR,VRの応用

プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/media/~takashi/cmd/MediaCmdExt/

研究キーワード
インタラクション , デザイン , インターフェース , センサー , IoT,インスタレーション
学生の学会発表・受賞

・学生奨励賞、野口渉、「ポートレイト画像の変換と3D プリンターによる浮世絵版木の生成」、第79回情報処理学会全国大会、2017


・学生奨励賞、黒木将寿、「立体オブジェクトをインターフェースとするモバイルコンテンツの作成」情報処理学会第78回全国大会、2016


・インタラクティブ観客賞、田中潤、「スマートフォンを利用した複数画面の連携表示と動的なレイアウト変更によるアプリケーション」、インタラクション2012

担当教員
准教授
太田 高志 / オオタ タカシ / OHTA, Takashi
専門分野: ユーザーインターフェース、ユーザーエクスペリエンス、マルチディスプレイ、ビジュアリゼーション