お知らせ

Information

東京工科大学 HOME> お知らせ> 2014年のお知らせ >デザイン学部田村吾郎講師がサントリーホールで空間演出

デザイン学部田村吾郎講師がサントリーホールで空間演出

2014年6月9日掲出

ホールの壁面全面に水彩画

デザイン学部の田村吾郎講師が、世界的に活躍する指揮者である西本智実と日本フィルハーモニー交響楽団による「MPS シリーズ」の演出とアートディレクションを行いました。
「MPS シリーズ」は、オーケストラの演奏とともに、ホールの壁面全面に水彩画によるアニメーション映像を映すという今までにない新しいコンサートで、昨年の12月から今年の4月にかけて、サントリーホールでチャイコフスキーの三大バレエ「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」を上演しました。
映像に使用された絵画は、同じくデザイン学部の深澤健作講師によるもので、この画期的な演出手法が話題になり、数多くのメディアに取り上げられました。

■デザイン学部WEB
http://www.teu.ac.jp/gakubu/design/index.html