東京工科大学 HOME> お知らせ> 2016年のお知らせ >メディア学部が「こどもプログラミング入門」体験講座を実施

お知らせ

Information

メディア学部が「こどもプログラミング入門」体験講座を実施

2016年12月14日掲出

メディア学部 上林憲行 教授

 11月19日、26日に、八王子市生涯学習センターと本学メディア学部上林憲行研究室と共催による、地域の小学生高学年を対象にした「こどもプログラミング入門」体験講座を、八王子市生涯学習センター南大沢分館にて開催しました。
機材などの制約があり、一回の募集定員は12名に限定しましたが、定員をはるかに超える多数の応募があり、実際の体験講座も大好評でした。

こどもプログラミング入門チラシ

 参加者した小学生は、3時間のワークショップの中で、終始前のめりで驚くほどの集中力を発揮して取り組んいたことが特に印象深かったのと、自由課題では、子供達の発想の豊かさを改めて認識させる創造的な作品が生まれました。プログラミングを通じて「創造的な思考」を育むということに関しても再認識ができたことが収穫でした。
 事後のアンケートでも、9割以上の子供が、興味が更に湧き、本格的に学びたいと回答していました。プログラミングに関する啓発的な目的は十分に達成されたと思います。ほとんどのお子さんは、保護者も参加され、保護者の方も終始興味津津で、親子教室的な雰囲気も作り出すことが出来き、この分野の関心が高いこともわかりました。
 この体験講座は、メディア学部のプロジェクト演習で先行的に進めていたプログラムを小学生用にアレンジしたもので、本学の学生もチューターとしてサポートして大活躍でした。

こどもプログラミング入門の様子