東京工科大学 HOME> お知らせ> 2016年のお知らせ >「映像表現・芸術科学フォーラム 2016」にてメディア学部学生らが最優秀賞など5つの賞を受賞

お知らせ

Information

「映像表現・芸術科学フォーラム 2016」にてメディア学部学生らが最優秀賞など5つの賞を受賞

2016年3月28日掲出

 2016年3月9日(水)に東京工芸大学で開催された「映像表現・芸術科学フォーラム 2016」において、メディア学部菊池研究室の学生らが発表をして5つの賞を受賞しました。

 ●口頭発表最優秀賞:森 崇圭(メディア学部4年)、菊池 司、”ロゴタイプ・マーク構成要素の分類に基づいたモーショングラフィックスの生成”
 ●映像発表最優秀賞:宮脇 巧真(メディア学部4年)、菊池 司、”Crossing Tokyo”
 ●ポスター発表優秀賞:宮脇 巧真(メディア学部4年)、菊池 司、”360度動画による映像表現の可能性の提案”
 ●CG-ARTS 人材育成パートナー企業賞(株式会社コロプラ):宮脇 巧真(メディア学部4年)、菊池 司、”360度動画による映像表現の可能性の提案”
 ●CG-ARTS 人材育成パートナー企業賞(株式会社ボーンデジタル):宮脇 巧真(メディア学部4年)、菊池 司、”Crossing Tokyo”

■詳細はメディア学部BLOGをご覧ください。
http://blog.media.teu.ac.jp/2016/03/2016-5-54e1.html


左:開会式の様子 右:授賞式の様子