片柳研究所とは

片柳研究所棟東京工科大学片柳研究所は、最新の設備環境と柔軟な組織体制のもと、21世紀のさまざまな課題に応える卓越した研究活動をダイナミックに推進するために誕生しました。
その大きな特長は、研究プロジェクトの多くが産学官の密接なコラボレーションをベースに進められる点にあります。本学の多彩な研究陣と企業や官公庁の第一線で活躍する研究者が、それぞれの知性を結集することで、21世紀社会に貢献する価値ある成果の創出をめざします。
すでに開設当初より本研究所棟内には、独立行政法人「産業技術総合研究所」が設置されており、わが国にとって重要度の高い技術について精力的に共同研究を進めています。こうしたナショナルプロジェクトに私立大学が参画するのは日本初のことであり、各方面から大きな注目と期待を集めています。

 

片柳研究所研究風景さらに本研究所は、最先端の研究活動と学部・大学院教育の一体化を進めることに力を注いでいます。世界トップレベルの研究成果を惜しみなく教育に還元することで、次世代をリードする質の高い人材育成が可能になると考えるからです。
本研究所では、これまでに多くの民間企業・官公庁・研究機関などの参加を得て、バイオニクスやメディア、コンピュータサイエンス分野を中心に多くのプロジェクトをスタートさせています。
今後、さらに多くの学外研究者と連携を広げ、信頼を築いて、より自由でオープンな知的創造活動拠点をめざしていきます。