利用ガイド

バイオナノテクセンターの利用資格
バイオナノテクセンターは学内研究だけでなく、産学官連携研究や、外部企業、学外研究者の方々の研究にも利用することができます。ただし、利用希望日が重複した場合は、原則として本学の学部研究グループの利用を優先し、スケジュールの調整をさせていただきます。バイオナノテクセンターでの研究イメージ
バイオナノテクセンターの利用方法および使用料
直接操作
(各種分析装置)
まずは 「お電話」 か 「メール」 でご相談下さい。1試料あたりの単価、または1日使用料
立ち会い測定・観察
(電子顕微鏡、超精密ナノ加工装置、三次元精密加工装置)
利用者はオペレーターと共に試料測定や、データ作成、写真撮影を行います。
委託測定
(電子顕微鏡、超精密ナノ加工装置、三次元精密加工装置)
※現在中止中
試料のみを提出していただき、データ作成、写真撮影などご相談に応じます
共同研究
(全装置対象)
企業提案による研究テーマに片柳研究所が賛同したものについて共同研究を行います。
* 試料測定の場合は1試料あたりの料金とします。ただし、測定項目と装置によって費用が異なります。
* 利用にあたり消耗品は実費負担となります。
バイオナノテクセンターの利用時間
午前9:00〜午後19:00
バイオナノテクセンター利用手続きの流れ
1. バイオナノテクセンター利用に関する事前相談利用責任者を定めた上で、バイオナノテクセンターにご相談ください。
TEL:042-637-5490(ダイヤルイン)
e-mail:unyou@so.teu.ac.jp
2. バイオナノテクセンター利用申請書提出相談後、利用申請書を提出していただきます。
3. バイオナノテクセンター利用の審査

スケジュールと内容を検討し、適当と認めた場合、使用を承認いたします。

4. 使用通知

使用を承認する旨を、郵送またはメールで申請者に連絡いたします。

5. バイオナノテクセンターのご利用 
6. バイオナノテクセンター使用料支払い

所定の使用料金額を振り込んでいただきます。

利用申込書PDFダウンロード(33KB) 利用申込書Excelダウンロード(25KB)