お知らせ一覧

【記者発表】食品を医薬品へ!ポリエチレングリコール修飾ラクトフェリンの開発

関連イメージ  2006年11月17日(金)本学プレゼンテーションルームにて、「ポリエチレングリコール(PEG)修飾ラクトフェリン」の開発の記者発表を行いました。

 この研究は、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業により、よこはまティーエルオー(株)、鳥取大学農学部、酪農大学と共同で行われたものであり、ラクトフェリンをPEGで化学修飾することにより安定化することに成功しました。これにより副作用の少ない経口医薬品(抗リウマチ薬、C型肝炎ウイルス治療薬等)の開発が期待できます。   

 2006年11月26日「第2回ラクトフェリンフォーラム」にて、プレゼンテーション・ポスター展示を行います。

2006/11/17

 
関連写真
左より、本学・軽部副学長、佐藤助教授、野島研究員、ヨコハマTLO・西川氏
左より、本学・軽部副学長、佐藤助教授、野島研究員、ヨコハマTLO・西川氏
佐藤助教授のプレゼンテーションの様子
佐藤助教授のプレゼンテーションの様子
取材を受ける佐藤助教授
取材を受ける佐藤助教授
記者の取材を受ける副学長・野島研究員
記者の取材を受ける副学長・野島研究員
記者会見の様子
記者会見の様子
第2回ラクトフェリンフォーラムホームページ