お知らせ一覧

【記者発表】高速全自動タンパク質二次元電気泳動システムを開発

関連イメージ 2005年9月2日(金)、本学プレゼンテーションルームにて、「高速全自動タンパク質二次元電気泳動システム」開発の記者発表を行いました。

この研究は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構による国家プロジェクトに選定され、本学と独立行政法人産業技術総合研究所、シャープ株式会社、凸版印刷株式会社、アステラス製薬株式会社の5法人で共同開発したもので、タンパク質の二次元電気泳動を高速、高い再現性でしかも全自動で行えるという画期的なものです。
将来臨床の現場でたんぱく質の解析を簡便に行うことで、
病気の早期診断が可能となります。

2005年9月7〜9日「バイオ・ジャパン2005(パシフィコ横浜)」で展示とデモンストレーションを行います。

2005/09/02

 
関連写真
高速全自動タンパク質二次元電気泳動システム
高速全自動タンパク質二次元電気泳動システム
装置の拡大写真
装置の拡大写真
会場の様子
会場の様子
軽部副学長のプレゼンテーション
軽部副学長のプレゼンテーション
装置の詳細説明(矢野助教授)
装置の詳細説明(矢野助教授)
バイオ・ジャパン2005