研究成果・発表

アクアプロジェクト

関連イメージ 3次元空間での情報の表現とコミュニケーションをテーマとして、Web3D環境を利用した仮想水族館の構築を目指している。水槽内での魚やそれが生息する環境のシミュレーションモデルの研究開発を行い、そこで必要とされるツールやその機能、およびそれらを活用した学習環境の可能性について検討することを目的としている。
これまで八王子市にあるこども科学館(サイエンスドーム八王子)の展示コンテンツ"aquanaut"の開発、制作を行ってきた。
2004年度からは、神奈川県藤沢市にある新江の島水族館との共同研究を開始し、新江の島水族館の一番の目玉となる相模湾大水槽を題材に、新たな展示コンテンツ
の"aquasurf"の企画、開発をおこなっている。

aqua project web site http://www.teu.ac.jp/aqua/
icd project web site http://www.teu.ac.jp/icd/

2005/08/25

研究関連写真
aquanautの表示画面
aquanautの表示画面
aquaurfの表示画面
aquaurfの表示画面
水族館での取材
水族館での取材
水族館での観察
水族館での観察
  インタラクティブ コンテンツ デザイン プロジェクト
interactive contents design project
Interactive Contents Designをテーマに、コンピュータによるデジタル環境を活用して、コミュニケーション、空間、情報、視覚表現、操作といった情報デザインの視点から、情報の表現手法やインターラクションデザインについてコンテンツの開発と制作を通して研究を行う。
キーワード:「モノのデザインとコトのデザイン」、「体験のデザイン」
研究室のサイトはこちら
片柳研究所研究成果・発表一覧へ戻る