研究成果・発表

ネットワークでつなぐソフトとハード(坪川研究室)

関連イメージ インターネット上におけるバーチャル空間での、ビジュアル面と機能面を融合させたシステム構築をテーマにソフトウェア、ハードウェアの研究開発を行っています。ビジュアル面では、大学環境を手に取るように知ることができる3Dキャンパスシミュレータを構築しています。機能面では、絵や文字のメモ書きが保存可能なブラウザや安全対策などにも利用できるビデオカメラ画像からの人物確認アプリケーションを試作しています。
また、ハードウェアでは、インターネットを介して各種センサや家電を統合的に監視・制御するためのエンベデッドシステムの研究開発、ハードウェアに不具合があったときに担当者を派遣しなくても遠隔地からシステムのハードウェア構成を組み替えられるネットワークリコンフィギュアラブルシステムの研究開発を行っています。

2006/03/14

研究関連写真
3Dキャンパスシミュレータ
3Dキャンパスシミュレータ
メモ書きブラウザ
メモ書きブラウザ
ビデオカメラからの人物確認
ビデオカメラからの人物確認
H8マイコンによる情報端末
H8マイコンによる情報端末
ネットワークリコンフィギュアラブルシステム
ネットワークリコンフィギュアラブルシステム
  コンピュータサイエンス学部
坪川研究室
インターネットをより便利に安全に利用できるwebアプリケーションとハードウェアの融合を目指して、個性的なアイディアを創成しています。
研究室のサイトはこちら
片柳研究所研究成果・発表一覧へ戻る