東京工科大学 HOME> プレスリリース> 2011年のプレスリリース> 3月12日に「PBLシンポジウム」(文部科学省先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム教材等洗練事業)を開催

プレスリリース

Press Releases

3月12日に「PBLシンポジウム」(文部科学省先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム教材等洗練事業)を開催

東京工科大学では、3月12日(土)に蒲田キャンパスにおいて、文部科学省事業 拠点間教材事業PBLワーキンググループとともに、「PBLシンポジウム~産学連携によるプロジェクト型IT教育の普及に向けて~」を開催する。参加費無料、要申し込み。

東京工科大学タンジブルソフトウェア教育プロジェクト

文部科学省では、大学間および産学の壁を越えて教育内容・体制を強化することにより、世界最高水準のIT人材を育成するための教育拠点の形成を支援する「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」を平成18年度より実施している。

同プログラムの各拠点では、産学連携による実践的教育としてプロジェクト型教育、いわゆるPBL(Project Based Learning)を実施している。また、拠点間教材等洗練事業では、各拠点のPBLノウハウを集約し、その普及を図るため、昨年8月にPBL教材洗練ワーキンググループ(PBL-WG)を設置。PBLに関するノウハウ集を作成してきた。

こうした中、東京工科大学では3月12日(土)に、「PBLシンポジウム~産学連携によるプロジェクト型IT教育の普及に向けて~」を開催。これは、同事業による成果を全国の大学や企業に紹介するとともに、拠点以外の大学で実践されているチーム型演習やPBLの事例紹介等を通じ、本分野に従事されている人々のコミュニティ形成を目的としている。詳細は以下の通り。

【開催日時】
 2011年3月12日(土) 13:00~17:10
 (交流会17:30~19:30)
【開催場所】
 東京工科大学 蒲田キャンパス 新校舎(3号館)
(東京都大田区西蒲田5-23-22)
【アクセス】
 JR蒲田駅西口徒歩2分
 ( http://www.teu.ac.jp/campus/access/006648.html
【主催】
 文部科学省事業 拠点間教材等洗練事業 PBLワーキンググループ
 東京工科大学
【後援】
 社団法人情報サービス産業協会
 実践的ソフトウェア教育コンソーシアム(P-sec)
 国立情報学研究所GRACEセンター(先端ソフトウェア工学・国際研究センター)
【参加者】
 IT分野でPBL教育(チーム演習)に関心のある教員、企業の方(約100名)
【参加申し込み方法】
 参加ご希望の方は下記のホームページからお申し込み下さい。(締め切り:3月8日)
 https://form1ssl.fc2.com/form/?id=617841
【参加費】
 無料
 ※交流会の参加費は3,000円
【プログラム】
 ●13:00~13:05 開会
 ●13:05~13:20 主催者挨拶
 ●13:20~13:40 趣旨説明 PBLワーキンググループ主査 駒谷昇一氏
 ●13:40~14:10 基調講演
   中島秀之氏 (公立はこだて未来大学 理事長・学長)
 ●14:10~14:40 基調講演
   重木昭信氏(日本経団連 情報通信委員会高度情報通信人材育成部会 部会長、NTTデータ顧問)
 ●14:40~14:50 休憩
 ●14:50~15:20 PBL教育への取り組み事例1
   稲永健太郎氏(九州産業大学准教授)
 ●15:20~15:50 PBL教育への取り組み事例2
   田中康氏(東京工業大学講師)
 ●15:50~16:00 休憩
 ●16:00~16:30 PBL教育への取り組み事例3
   古宮誠一氏(芝浦工業大学教授)
 ●16:30~17:00 PBL教育への取り組み事例4
   中村太一(東京工科大学教授)
 ●17:00~17:10 閉会
 ●17:30~19:30 交流会

▼本シンポジウムに関する問い合わせ先
 ●東京工科大学コンピュータサイエンス学部 小川
  E-mail: ogawa(at)cs.teu.ac.jp
 ●拠点間教材等洗練事業 事務局
  E-mail: kyoten-admin(at)nii.ac.jp
 ※(at)を@に書き換えてください

2011年3月1日掲出